読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空き時間にどうぞ

伊藤万理華さんとの交流を主に書いています。

2016年星野みなみちゃん生誕祭~18歳おめでとう~

f:id:nichijyounotokimeki:20160131231849j:plain

皆様

こんばんは。

おはようございます。

こんちには。

 

筆者です。

 

さて、昨日1/30は乃木坂46のメンバーである星野みなみちゃんの18歳の生誕祭がありました(本当の誕生日は2/6です)。

 

乃木坂46での生誕祭とは、個別握手会で開催され、握手レーンを装飾したり、メンバーからのコメントがあったりという非公式のイベントです。

 

みなみちゃんの生誕委員は今年で3度目でした。

 

よく、知り合いのヲタクの皆様から、「なんでみなみちゃんなんですかwww」と言われるのですが、事の発端は2013年に現委員長であるSHUさんからお誘いいただいたことです。

 

その頃は、LIVEには行ったことはあっても、握手会には未参加のほぼ純粋な在宅ファンでした。

 

生誕委員に加入したことをきっかけに握手会に行くようになったので、この出来事は私にとって人生ターニングポイント()でした。

 

生誕委員内での私の仕事は、「みなみちゃんを可愛く描く」ことです。

一度目はまだアナログで、フライヤーと、記念のアルバムに挟んでいただく程度でした。

今思い返すと未熟なので見たくはありません笑。

 

それが、昨年のミナミーシーから各段に派手(笑)になり、今年に関しては、みなみちゃんの目の前に1m以上の大きさで印刷された私のイラストが飾られる運びとなりました。

ドルヲタの絵描きにとって、超メジャーアイドルの目の前にイラストが飾られるほど名誉なことはありません。

しかし、メインのイラストは仕事の都合や自分自身の気持ち的な問題もあり、提出出来たのが1月に入ってからでした。

せめて年内には仕上げて、ナオさんにデザインの部分をお任せしなくてはならないのに、かなりお待たせしてしまいました。

結果的には納得のいくものが出せたと自負しておりますが、この時期にもう少し綿密にコミュニケーションを取っておくべきだったと反省しております。

 

それでも、私のイラストを待っていて下さった生誕委員の皆様、ありがとうございました(途中で関係のない万理華さんを何枚も描いてすみませんでした笑)。

 

また、テーマパークのキャラクターも描かせていただきました。

 

そして迎えた当日。

夜行バスであまり眠れなかったので体力的にギリギリでしたが()、関東組は関東組で前日から徹夜で最終準備をしてくれていて、満身創痍の状態での本番だったと思います。

 

今年は昨年以上に立体創作物が多く、限られた時間の中でテキパキと装飾を進める必要がありました。

キャッスルまで建てちゃって、ハッスルしすぎですよほんと笑。

 

自分のイラストはと言いますと、想像以上に沢山使われており、恐縮でした。

レーンでも好評だったようで、たぶんみなみちゃんからも好感触だったのではないかなと思います笑。

 

生誕委員内で私のさせていただく役割は花形だと自分では思います。

実際に目に見えるので。

でも、もちろん自分ひとりでみなみちゃんをお祝いできるわけではありません。

 

まずは企画を練って、

それぞれの役割を決めて、

レーン装飾の作成、

イラストを描いたり、

パッケージをデザインしたり、

音響を編集したり、

衣装を作ったり、

アルバムを作ったり、

フライヤー、ノベルティを作ったり、

委員のスケジュールを管理したり、

当日レーン装飾をしたり、

フライヤーを配ったり、

最後に装飾の後片づけをしたり。

 

本当にいろいろな役割があります。

 

生誕委員はヲタクの自己満足かもしれません。

ただ、準備をする上でメンバーへの愛や成功させる意識はひしひしと感じました。

人はそれぞれ違う目で物事を見ているので様々な意見があるかもしれません。

でも、私はみなみちゃんと喜んでくれる人たちのために、これからも自分が良いと思えることを発信できたらと思います。

 

2016年星野みなみちゃん生誕祭、ありがとうございました。

 

余談1

 

Twitterでレーン配置変更に関する戸惑いのツイートを見ました。

確かに行き過ぎな部分もあったかもしれません。

少しでも不快に思われた方がいらっしゃいましたら申し訳ございませんでした。

 

自由度が高過ぎたかもしれませんが、運営委員会にも相談の上だったと思います。

無理なことはしない程度に無茶を楽しめればいいなと思います()

 

余談2

 

一年ぶりのみなみちゃんは最高に可愛かったです!!!!!

 

おわり