読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空き時間にどうぞ

伊藤万理華さんとの交流を主に書いています。

プレミアム距離感

3月13日

都内某所にて開催された乃木坂46のプレミアムイベントに参加して参りました。

 

まずは「お茶会」

「お茶会」とは、メンバー1人に対しファン5人が向き合って、お茶を飲みながらトランプを行うイベントです。

メンバーによっては雑談をするテーブルもあるようです。

 

「お茶会」は1時間弱遅れてスタート。

長机の長辺にファン3人が並び、その手前にメンバーが1人で着席、短辺には両端にファンが座ります。

私は最後の入場だったため、メンバーに対してL字向かいとなる短辺の席でした。

 

ファン5人でメンバーの登場を拍手で迎えます。

14枚目の新制服を纏った伊藤万理華さんが、「こんにちは。当選おめでとうございます。今日は来てくれてありがとう。」と一言。

テーブルにいる私を含む5人は満面の笑みで伊藤万理華さんを迎え入れます。

伊藤万理華さんはポニーテールを一度揺らして着席。

「可愛い、、、」と漏れるファンの声。

見慣れていてもやはり可愛いです。

 

伊藤万理華さんご着席後も、メンバーが続々と登場します。

テーブルが出入り口に近く、ほとんどすべてのメンバーが擦れ擦れのところを通りました。

橋本奈々未さんに至っては、その触覚を口に含むことが出来るほどの距離感で通り過ぎました。

西野七瀬さんの柔らかい笑顔のきらめき。

齋藤飛鳥さんのまだ若いながらも堂々とした美しさ。

それらすべて、すぐ手が届きそうなことからもプレミアムであることを実感しました。

伊藤万理華さんをすぐ目の前にして松村沙友里さんを目で追っていたことには今になって反省しています。

 

いよいよ待ちに待った「お茶会」が幕を開けました。

「でも普通におしゃべりしたいなあ。どうしよう。」と言いながらもカードを切り始める伊藤万理華さん。

「じゃあ並べます。」と、テーブルの上に無造作にトランプを流します。

密集した個所はファンの手で広げて準備万端。

優勝者はメンバーとハイタッチ出来る(定番)というアナウンスに、ファンは袖を捲し上げます。

 

「お茶会ですし、乾杯しましょうよ。」という私の提案に、

「いいね。乾杯しよ。」と賛同したものの、

「やっぱりやめとこ。」となったのは発言者の問題でしょうか。

みんなペットボトルを掲げるところまでいって、またすぐに着地しました。

 

「みなさん、本日はどこから来られましたか?」と、伊藤万理華さんは頑張ってファンに話しかけます。

3人が関東圏、1人は大阪の大学生でした。

「えっ、大阪ですか!?遠いところからありがとうございます。」としっかりお礼を述べたかと思いきや、徐に私を見て、

「あ、大阪。」とワントーン落とした声の伊藤万理華さん。

居住地を伝えたことはありません。

さすがの情報収集能力。

「違いますー。都内ですー。」と茶目っ気たっぷりに返答すると、まさかの軽くあしらわれました。

というか、住所を知っているなら季節の変わり目に手紙くらい寄越しなさい。

期待しています。

 

トランプは神経衰弱。

捲る順番はじゃんけんでもなんでもなく、伊藤万理華さんが適当に指名し、私は後半でした。

捲ったカードは「Q」しかし、5人が捲った時点でも出ておらず、

「あ、まだ出てないやつ。」と伊藤万理華さんの声が漏れます。

しかし。

またもや「Q」を引くことは誰が予想したでしょうか。

「えっ。すごっ。一発。」

伊藤万理華さんを筆頭に、驚きを隠せない様子でした。

それを皮切りにゲームは進行します。

テーブルにいる全員がバランス良く数字を揃え始めました。

途中トップに躍り出たのは、なんと我らが伊藤万理華さんのツーペア。

「私すごい。」とお得意の自惚れにも関わらず、テーブルは湧き上がります。

 

最終局面、大阪の大学生がツーペアで並び、伊藤万理華さんと共に優勝を果たしました。

ご褒美のハイタッチに満面の笑みを浮かべる大学生。

あたたかい空気の中祝福されていました。

 

 楽しかった時間もつかぬま、お開きとなりました。

最後ははじめましてのファンにきちんと営業をする伊藤万理華さん。

「今日は来てくださってありがとうございました。もし良かったら握手も来てくださいね。」

私も言ってほしい。

しかしながら、そのファンの方は、

「こんなに長い時間目の前で見られたのでもう満足です。」と、伊藤万理華さんの営業は失敗に終わっていました。

大丈夫。

私がちゃんと行きますから。

 

他のメンバーも続々とテーブルを離れます。

「あ、まいやん。」と気づかれぬ程度の声で言うと、

「おー!やっほー!」とレスを下さるあたりさすが白石麻衣さん。

女神。

「若様。」の声には、

「よっ!」と親指を立てて返事してくれるあたり若月佑美さんイケメンかよ。

他にもメンバーが手を振ってくれたり、素晴らしいテーブルでした。

感動と喜びをありがとう。

 

時間としては5分~10分程度だったかと思いますが、柵がない自由な空間で過ごせることは想像以上にプレミアムでした。

神経衰弱では、一度だけ伊藤万理華さんを挟んで対岸のカードを捲りに行き、急接近してみました。

批判は受け付けます。

以上、ドキドキの「お茶会」でした。

 

続きまして、「録音会」

「録音会」とは、30文字の制限の中繰り広げられる言葉遊びです。

録音機材を用いて、メンバーの声を「録音」します。

自分が考えた言葉を自分だけの為に吹き込んでもらえると考えると、相当プレミアムな感じに思えるのは私だけでしょうか。

 

「録音会」は10人程度のメンバーに分かれ、伊藤万理華さんを含む第1グループは16時過ぎに始まりました。

 

会場の奥に長机が配置され、メンバーがずらりと並びます。

各メンバーの前には10脚の椅子が用意され、ファンはそちらへ着席しました。

録音会開始前には、録音内容を記載する為の紙が配られたのですが、まさかの千切られたメモ張で、会場は一時ざわつきました。

 

先頭のファンから録音内容を記入し、後ろのファンにペンを渡します。

 

準備が整ったところで「録音会」スタート。

僕は9番目だったので、ひたすらTwitterで実況をしていました。

第1グループの録音内容は6割程度フォロー出来たように思います。

たとえ待機中とは言え、スマートフォンを触り放題なのはプレミアムイベント独特の空気感でした。

 

自分の番になり、スマートフォンと共に伊藤万理華さんの前に座ります。

「なんか距離感ヤバいね。」と、照れ笑いの伊藤万理華さん。

少し前のめりになれば触れてしまえる距離です。

それがこの後10分程度も続くのですから、録音会は大穴でありながらも最も楽しいイベントだという声も多かったです。

ヒソヒソ声ではあるものの、握手券100枚分程度を会話出来る時間があり、ゆったりとした時間を過ごすことが出来ました。

 

以下、Twitterに掲載済みのレポを埋め込みます。

 

twitter.com

twitter.com

twitter.com

twitter.com

twitter.com

 

twitter.com

twitter.com

 

レポ掲載は以上ですが、他にも周りの録音を聴きながらのコメントなど楽しくお話出来ました。

 

以上、プレミアムイベントのレポでした。

割愛してしまった個所などもありますが、全体の雰囲気が伝われば幸いです。

 

「お茶会」、「録音会」共に伊藤万理華さんといつも以上に一緒に居られてとても幸せなイベントでした。

 

伊藤万理華さん、素敵な時間をありがとうございました。

 

おわり

 

余談

 

録音会後、ダッシュで銀座へ向かい某ffさんと焼肉をいただきました。

めくるめく牛肉。

途中、口内がウユニ塩湖になるなどのハプニングもありましたが、終始楽しかったです。

その後カラオケまでありがとうございました。

「ロマンスのスタート」の歌い出し、やっぱり好きです。

「走れ!bicycle」や「太陽ノック」も好きな楽曲でした。

「無表情」でデュエットしたり、最後は「悲しみの忘れ方」で終わったり。

「Love so sweet」のイントロで恋が始まりそうになったり。

無理言ってチョコブラウニーを2個もらったり(だって欲しかったから)。

香川県のうどんは美味しかったのなら幸いです。

靴下の柄も安定でした。

お肉を撮る為のアプリを入れてきたなんて可愛すぎます。

夜行バスまでの時間はあっという間でしたがとても充実していました。

本当はそれだけで5,000字は書けそうですが、今回はこの辺で。

 

また楽しいことがあるように、これからも日常を頑張って過ごします。

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

また次のブログでお会いしましょう。